花粉による肌荒れ対策はこのサイトで解決!

花粉による肌荒れ対策で必要なことは、まず第一に「花粉を体内に入れないこと」です。肌荒れを起こしているときは、お肌の保湿を高めることです。このサイトでは、花粉による肌荒れ対策とオススメの化粧品についてご紹介しています。

花粉の肌荒れ対策のコラム

うるうるコットンで花粉で肌荒れしたお肌のスキンケア

花粉症肌荒れしたときには、顔に赤くポツポツできちゃったりとか、すごい肌がゴワゴワしたりして肌の調子が悪かったです。

そのとき試したオススメのスキンケアを紹介します。

うるうるコットンでスキンケア

使う化粧水は、手作りの化粧水です。
ネットを見てベースにまゆ玉を使った化粧水です。

まゆ玉の中に含まれている成分が、花粉で傷ついてしまった肌を修復する作用があるみたいで、花粉だけじゃなくて肌荒れにすごく効くらしいということで化粧水を作ってみました。

作り方はとても簡単だったので興味ある人は作ってみてください。

最近、化粧水を肌に塗る時に使っているのは、「シルコット」です。
これは使っている人はかなり多いかと思います。

シルコットのすごいのは、「1/2の化粧水で驚くほどうるおう」というところです。高い化粧水を使っていたら少ない量で効果がでたら、と思いますよね。

まず、素材自体が違います。スポンジみたいな独特の触り心地で、いままでのコットンにはなかったです。

スポンジなので毛羽立たないのもポイントです。毛羽立つと化粧水を塗っているときはいいんだけれど、次にクリームや美容液を塗るときに、顔に塗っているときに毛玉みたいの(?)が出てきちゃってなんかヤダとなっちゃうのでスポンジタイプのしか使いません。

スポンジなので、最初は、ちょっと硬いかなと思うんだけど化粧水を含ませたあとは、コットンが滑らかな感じになるので、そこがすごい好きです。

コットンは、厚いと無駄に化粧水を吸い込んじゃうんだけど、シルコットは無駄に吸い込む量が少ないので、最後までしっかりパッティングしても感想せずに潤ったまま続けることができます。

化粧水をのせたときに、最初は少ししかないなと思っても、そのあとギュッと押すとジワッと出てきて、最後まで潤ってパッティングできるので、そこが気にいってます。

あまり肌に刺激を与えないように、顔の中心から外側に向かって軽めにパッティングします。1分くらいかけてパッティングします。

パッティングが終わったあとに広げて化粧水を足します。広げて凹んでいる部分を頬にあててコットンパックできます。コットン自体が薄いのでしっかり肌に張り付いてくれます。だいたい5分くらい放置します。

花粉症のときは、肌がいつも乾燥していると感じたのと、あと敏感になっていると思ったので、いちばん花粉症がひどかったときは、肌にいろいろのせるのをやめました。

保湿に特化した乾燥性の皮膚に効く乳液を塗ってました。これがすごく保湿力が高くて低刺激なので、花粉症のときはいろいろ塗らないで、この乳液だけでした。

このように、すごいシンプルなスキンケアにしたんですが、花粉ですごい荒れていた肌がメチャクチャ良くなりました。

化粧水をコットンでのせるのと、手でのせるのは、どっちがいい?

コットンを使って化粧水を使うと肌に深く浸透させる効果があります。あんまり強すぎたらダメですが、軽めにパッティングしていくことによって、肌の血行を良くしてくれる効果があります。

それなので、化粧水は手でつけたらいけないということはないんですが、化粧水をより効果的に肌にのせていくにはコットンを使ったほうがいいみたいです。

最近やっていたスキンケア!~シルコット うるうるコットン~

-花粉の肌荒れ対策のコラム
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花粉 肌荒れ ブツブツ

花粉の季節に肌にブツブツが・・・なぜ?対策は?

ブツブツ肌荒れの原因は? 花粉の季節に赤い細かいブツブツした湿疹の肌荒れができる人は、花粉症皮膚炎を疑ってください。 花粉症皮膚炎は、スギやヒノキなどの植物の花粉が肌に付着して炎症をおこすものです。く …

花粉肌荒れ対策でもっとも大切なこと

花粉による肌荒れのスキンケアでいちばん大切なこと

花粉による肌荒れは、合成界面活性剤が配合されている洗顔剤を使うことを控えるだけのスキンケアでも、かなり改善します。 皮肉なことに皮膚のバリア機能は保湿化粧品でますます低下 多くの花粉による肌荒れ、特に …

花粉 肌荒れ 食べ物

花粉による肌荒れにいい食べものは?

花粉による肌荒れを始めとした、いろんな症状は、食生活を見直した対策で緩和されるといわれてます。ここではそういった「緩和」してくれるといわれている食べ物をご紹介します。 野菜や果物には、食物繊維、ビタミ …

花粉の肌荒れ

まず、花粉による肌荒れを予防しましょう

花粉で肌が荒れてしまった! なんてことになる前に、予防として、まず花粉を避けることが大切ですね。 そのためには、花粉が飛ぶ時期、飛び方、飛びやすい日や飛びにくい日の条件を知っておき予防に努めましょう。 …

花粉症 漢方

花粉症に漢方って効くの?

花粉症を完全に治すのなら免疫療法がいちばんですが、必ずなおるわけではありません。完全に治る人は、免疫療法を受けた人の2割くらだそうです。 漢方薬では、完全に治すことを目指すのではなく、体質を改善して花 …