花粉による肌荒れ対策はこのサイトで解決!

花粉による肌荒れ対策で必要なことは、まず第一に「花粉を体内に入れないこと」です。肌荒れを起こしているときは、お肌の保湿を高めることです。このサイトでは、花粉による肌荒れ対策とオススメの化粧品についてご紹介しています。

花粉の肌荒れ対策のコラム

まず、花粉による肌荒れを予防しましょう

花粉で肌が荒れてしまった!

なんてことになる前に、予防として、まず花粉を避けることが大切ですね。
そのためには、花粉が飛ぶ時期、飛び方、飛びやすい日や飛びにくい日の条件を知っておき予防に努めましょう。

花粉が飛ぶ時期

花粉症をおこす花粉は、スギやヒノキが代表的ですが、他にもキク科やイネ科の植物もあります。自分が花粉症になる原因の植物が、いつ飛ぶのかを知っておき、その時期には近寄らないようにすることが大切です。

花粉が飛ぶ早い順番は次のようになります。

スギ 2月中旬~4月中旬
ヒノキ 4~5月
タンポポ(キク科) 4~9月
マーガレット(キク科) 5~6月
セイダカアワダチソウ(キク科) 5~7月
ハルジオン(キク科) 5~7月
カモガヤ(イネ科) 5~7月
ブタクサ、ヒメジオン、アキノキリンソウ(キク科) 8~10月
アシ、ススキ(イネ科) 8~9月
ヨモギ(キク科) 9~10月

 

花粉の飛び方

花粉の飛び方や花粉症の症状の出方は、樹木の花粉か草花の花粉かで違いがあります。

樹木花粉(スギやヒノキ)

数十キロと遠く飛散し、症状は慢性的に毎日続きます。

草の花粉(イネ科やキク科)

遠くまで飛びませんが、天気の良いなどに 突然強く症状が出ることがあります。

花粉が飛びやすい条件は?

花粉が飛びにくいのは、空気が湿っているときです。花粉が飛びやすいのは、空気が乾燥しているときです。それなので、下の4つの条件に合うほど花粉は飛びやすくなります。

天気がいい
空気が乾燥している
午後の時間帯
風が強い

特に注意したいのは、小春日和の昼頃から夕方にかけてと、雨や雪が降った翌日です。

花粉が飛びにくい条件は?

雨や雪のとき
雨上がりで植物が湿っているとき
早朝で植物が湿っているとき

雨で花粉は飛びにくいですが、注意したいことがあります。
それは、雨の降り始めに注意してください。なぜかというと降り始めの雨には、降る前に空気内に飛散していた花粉や車の排気ガス、粉塵などといった大気汚染物質などのチリがたくさん含まれている可能性が高いからです。

まとめ

以上の花粉が飛ぶ時期、飛び方、飛びやすい日や飛びにくい日の条件を知ってなるべく花粉とはおつきあいしないように予防に努めましょう。

-花粉の肌荒れ対策のコラム
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花粉 肌荒れ 対策 スプレー

花粉の肌荒れ対策にスプレーはどうなの?

花粉の対策グッズは、いろいろ販売されていますが、最近よく目にするのがスプレー式の花粉対策グッズです。 シュッと顔に吹きかけるだけで、イオンが目や鼻に花粉が入ってくるのを防いでくれるそうです。 女性は、 …

花粉 肌荒れ

なぜ、花粉で肌荒れになるの?

花粉の時期になると、目や鼻がムズムズしてかゆい、くしゃみ、鼻水が止まらずに悩まされていませんか? それだけでなく、 お肌がなんとなく調子悪い 花粉の頃になると敏感肌になってしまう 肌荒れしやすい ぶつ …

うるうるコットンで花粉で肌荒れしたお肌のスキンケア

うるうるコットンで花粉で肌荒れしたお肌のスキンケア

花粉症で肌荒れしたときには、顔に赤くポツポツできちゃったりとか、すごい肌がゴワゴワしたりして肌の調子が悪かったです。 そのとき試したオススメのスキンケアを紹介します。 うるうるコットンでスキンケア 使 …

花粉 肌荒れ 防ぐ

花粉の肌荒れを防ぐのにおすすめのアイテムは?

花粉の肌荒れを防ぐのにおすすめのアイテムをご紹介します。花粉による肌荒れの症状が出てくる前に、次のようなアイテムで予防しましょう。 ■帽子 髪の毛に花粉がつくのを防ぐには、「帽子」をかぶるのが一番です …

花粉 肌荒 対策 生活習慣

花粉の肌荒れの対策に効果的な生活習慣は?

花粉による肌荒れには、生活習慣を改善することによって対策できることがあります。 花粉による肌荒れの対策には、いくつかの効果的な方法がありますが、ここでは、生活習慣を改善することによって対策できる3つの …