花粉による肌荒れ対策はこのサイトで解決!

花粉による肌荒れ対策で必要なことは、まず第一に「花粉を体内に入れないこと」です。肌荒れを起こしているときは、お肌の保湿を高めることです。このサイトでは、花粉による肌荒れ対策とオススメの化粧品についてご紹介しています。

花粉の肌荒れ対策のコラム

なぜ、花粉で肌荒れになるの?

花粉の時期になると、目や鼻がムズムズしてかゆい、くしゃみ、鼻水が止まらずに悩まされていませんか?

それだけでなく、

お肌がなんとなく調子悪い
花粉の頃になると敏感肌になってしまう
肌荒れしやすい
ぶつぶつが出る

こういった花粉の時期の肌荒れ原因は、スギやヒノキなどの花粉によるアレルギー反応が原因です。専門用語で「花粉皮膚炎」といいます。
肌が荒れると、さらに花粉が肌に付着しやすくなると同時に離れづらくなるため、さらに肌荒れが悪化してしまいます。

花粉が飛んでくると服、髪の毛、お肌など露出しているところに花粉が付着します。付着すると、次のような仕組みで、アレルギーを起こす物質である「ヒスタミン」がお肌の中で放出されるからです。

ちょっと難しくなるかもしれませんが、詳しく解説すると次のような仕組みでアレルギー反応は起こります。

  1. 肌から花粉が入ると、異物が侵入してきたことによって体が反応して抗体がつくられます。
  2. そうすると皮膚の中にある肥満細胞が抗体と結合します。
  3. 肥満細胞内では、起炎酵素ヒアロニターゼが活性化して、ヒスタミンを刺激します。ヒスタミンとは、アレルギーを起こす物質です。
  4. ヒスタミンが刺激されると、ヒスタミンが入っていた袋が破れてヒスタミンが出てきます。

ヒスタミンが出て来ることで、アレルギー反応が起きて、かゆみ、ひりつき、ぶつぶつ、敏感肌となります。この状態は、セラミド(細胞間脂質)が減少して肌のバリア機能が低下した状態です。

さらに厄介なのが、かゆみがあると、ついこすったりします。また、鼻水が出るので鼻をかんだりすると摩擦によってお肌の表皮がめくれてしまい。さらに赤くなったり、かゆくなったり、腫れたりといった症状を悪化させてしまいます。

また、以外にもマスクもは誰の原因になっていることを知っていました?
マスクをしているとマスクの内側の口元が蒸れて、雑菌が繁殖しやすくなるので、花粉によってダメージを受けたところが、さらに症状が悪化してしまいます。

それなので、いちばんの花粉の肌荒れの対策方法は、「花粉を体内に入れないこと」です。そのためには、マスクをしたりメガネをかけたりするのも効果的ですが、花粉は目や鼻だけでなく肌からも体内へ入り込みます。

肌に花粉が付着することを防いで、花粉からお肌の角層をブロックすることが一番効果があります。

-花粉の肌荒れ対策のコラム
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花粉 肌荒れ スキンケア

花粉の肌荒れは6つのスキンケアで対策

花粉の時期は、花粉が原因で、お肌が乾燥したり、赤くなったり、痒くなったり、ヒリヒリしたりとか目や鼻が調子悪くなる以外にも、お肌がトラブルを起こす時期です。花粉による肌荒れの対策には、化粧品、食生活、生 …

花粉 肌荒れ ワセリン

花粉の肌荒れにワセリンも効果アリ

ワセリンの花粉の肌荒れ対策の使い方 化粧の下地代わりに薄くのばして塗ったり、花粉のときは、鼻を何度もかんでいると鼻の下が擦れて乾燥してガサガサになってしまいますが、ワセリンを薄くのばして塗ると乾燥して …

うるうるコットンで花粉で肌荒れしたお肌のスキンケア

うるうるコットンで花粉で肌荒れしたお肌のスキンケア

花粉症で肌荒れしたときには、顔に赤くポツポツできちゃったりとか、すごい肌がゴワゴワしたりして肌の調子が悪かったです。 そのとき試したオススメのスキンケアを紹介します。 うるうるコットンでスキンケア 使 …

BBクリーム 敏感肌

BBクリームって敏感肌にいいの?

多くの化粧品には、コストを下げるため界面活性剤が使われています。 他には、洗剤、クリーム、シャンプー、トリートメントなどほとんどの美容に関係する商品には入ってます。 肌荒れの原因は、この合成界面活性剤 …

花粉 肌荒れ 食べ物

花粉による肌荒れにいい食べものは?

花粉による肌荒れを始めとした、いろんな症状は、食生活を見直した対策で緩和されるといわれてます。ここではそういった「緩和」してくれるといわれている食べ物をご紹介します。 野菜や果物には、食物繊維、ビタミ …