花粉による肌荒れ対策はこのサイトで解決!

花粉による肌荒れ対策で必要なことは、まず第一に「花粉を体内に入れないこと」です。肌荒れを起こしているときは、お肌の保湿を高めることです。このサイトでは、花粉による肌荒れ対策とオススメの化粧品についてご紹介しています。

花粉の肌荒れ対策のコラム

花粉による肌荒れにいい食べものは?

花粉による肌荒れを始めとした、いろんな症状は、食生活を見直した対策で緩和されるといわれてます。ここではそういった「緩和」してくれるといわれている食べ物をご紹介します。

野菜や果物には、食物繊維、ビタミン、ミネラル、抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれているので、肉などのタンパク質や油の多いものは食べずに、これらを摂取するように心がけましょう。
食べ物ではありませんが、ハーブティーは、抗アレルギーの作用があります。

食事は、栄養のバランスを考えましょう。

根菜類

根菜類の中でもゴボウや蓮根などは、解毒作用があって、ポリフェノールも含まれています。レンコンの皮にある黒いシミのような斑点がポリフェノールです。
レンコンを食べるとアレルギーを起こす交代の血中濃度が下がるというのが大学の研究で証明されています。
ポリフェノールは、ご存知のように抗酸化作用があるため花粉によるアレルギー症状を緩和するといった効果が期待できます。
また、ワサビに含まれている成分が花粉症の発症を抑えるとも言われています。

ヨーグルト・味噌

乳酸菌が、アレルギーによる炎症を緩和するといわれています。腸内環境を整えることで体の免疫機能を高めます。

緑黄色野菜・レバー・うなぎ

たっぷり含まれているビタミンやミネラルが、アレルギーによる炎症を緩和するといわれています。特にビタミンAは、肌や粘膜を強化し、ビタミンCは、ご存知美肌の源です。

魚類(アジ、イワシ、サバなどの青魚)

n-3系脂肪酸が、鼻づまりなどのアレルギーによる炎症を緩和するといわれています。

バナナ

花粉が原因のくしゃみが緩和されたという研究結果があります。

シソ

抗アレルギー作用のある成分や花粉症の原因物質を抑える成分が含まれています。

玉ねぎ

ポリフェノールの1種である成分が含まれているので、根菜類のように抗酸化作用があります。

ふき

フキに含まれるフキノール酸は、ポリフェノールの1種です。

キクラゲ

花粉症の対策によりとされるビタミンDが多く含まれています。

注意!花粉症で食べてはいけない食べ物

ここまでは、花粉の肌荒れ対策のために良いとされる食べ物をご紹介してきましたが、最後に、食べ物で食べてはいけないものをお知らせしておきます。次のような食べ物です。

生のトマト
メロン
牛乳やチーズ
ファストフード
アルコール
ソーセージやハム
砂糖
小麦粉
マーガリン
辛い刺激物

どれも、おいしそうな食べ物ですが、花粉が気になるときくらいは、我慢して控えたほうが良さそうですね。

このサイトのトップページへ

-花粉の肌荒れ対策のコラム
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うるうるコットンで花粉で肌荒れしたお肌のスキンケア

うるうるコットンで花粉で肌荒れしたお肌のスキンケア

花粉症で肌荒れしたときには、顔に赤くポツポツできちゃったりとか、すごい肌がゴワゴワしたりして肌の調子が悪かったです。 そのとき試したオススメのスキンケアを紹介します。 うるうるコットンでスキンケア 使 …

花粉症 漢方

花粉症に漢方って効くの?

花粉症を完全に治すのなら免疫療法がいちばんですが、必ずなおるわけではありません。完全に治る人は、免疫療法を受けた人の2割くらだそうです。 漢方薬では、完全に治すことを目指すのではなく、体質を改善して花 …

花粉 肌荒れ ニキビ

花粉による肌荒れとニキビに関係はあるの?

花粉とニキビには大きな関連性があります 花粉によるアレルギー反応が起こると、くしゃみ、鼻水が出るといった症状の他に、掻いたりしていないのに肌荒れになることがあります。 そうすると、肌の脂分や水分のバラ …

花粉 肌荒れ ワセリン

花粉の肌荒れにワセリンも効果アリ

ワセリンの花粉の肌荒れ対策の使い方 化粧の下地代わりに薄くのばして塗ったり、花粉のときは、鼻を何度もかんでいると鼻の下が擦れて乾燥してガサガサになってしまいますが、ワセリンを薄くのばして塗ると乾燥して …

花粉の肌荒れ

まず、花粉による肌荒れを予防しましょう

花粉で肌が荒れてしまった! なんてことになる前に、予防として、まず花粉を避けることが大切ですね。 そのためには、花粉が飛ぶ時期、飛び方、飛びやすい日や飛びにくい日の条件を知っておき予防に努めましょう。 …