花粉による肌荒れ対策はこのサイトで解決!

花粉による肌荒れ対策で必要なことは、まず第一に「花粉を体内に入れないこと」です。肌荒れを起こしているときは、お肌の保湿を高めることです。このサイトでは、花粉による肌荒れ対策とオススメの化粧品についてご紹介しています。

花粉の肌荒れ対策のコラム

花粉症に漢方って効くの?

花粉症 漢方

花粉症を完全に治すのなら免疫療法がいちばんですが、必ずなおるわけではありません。完全に治る人は、免疫療法を受けた人の2割くらだそうです。
漢方薬では、完全に治すことを目指すのではなく、体質を改善して花粉症の症状がほとんど出なくなるようにすることができます。この状態を『寛解』といいます。

花粉症を完全に治すのなら免疫療法がいちばんですが、必ずなおるわけではありません。完全に治る人は、免疫療法を受けた人の2割くらだそうです。

漢方薬では、完全に治すことを目指すのではなく、体質を改善して花粉症の症状がほとんど出なくなるようにすることができます。この状態を『寛解』といいます。

花粉症の症状は、人によって違うので、漢方による処方も変わります。

漢方薬を花粉症に対して処方する場合、2つの考え方があります。
ひとつは『急性期』で、もうひとつが『寛解期』です。
『急性期』とは、花粉症の症状に対して処方するもの、『寛解期』とは、体質を改善するものです。

急性期は、症状が強くなってからの処方なので薬も強くなってしまいます。それなので症状が出たら治療をすぐに始める初期療法である『寛解期』に漢方薬を使うと効果があります。さらに漢方薬だけでなく西洋薬も使うことによってさらに効果が期待できるそうです。

急性期の漢方薬は即効性があり、20分程度で効果が出る人もいるそうです。その反面、副作用の心配もあるので長い期間の服用は禁物です。決して自己流で判断せずに漢方薬の専門医に相談してください。

代表的な急性期の漢方薬には次のものがあります。

小青龍湯(しょうせいりゅうとう)
急性期の目のかゆみと涙、くしゃみ、鼻水に効果があるとされています。

麻黄湯(まおうとう)
急性期の鼻づまりに効果があるとされています。この「麻黄湯」で効果が弱い人には、越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)がいいそうです。

注意したいのは、この3つの漢方薬には、エフェドリンが含まれています。エフェドリンは、心臓をドキドキさせたり便秘を起こしたりする副作用を起こすことがあります。逆に、眠気を抑える効果があるので、眠気の出てしまう西洋薬を使う場合、これと併用するのも有効です。
上の漢方薬を使って急性期の症状が一段落して寛解期になったら、体質改善を目指します。寛解期の漢方薬は、急性期の漢方薬と併用も可能ですが、量と費用がかかるので。急性期の症状が落ち着いたら変えていくのがいいでしょう。

代表的な寛解期の漢方薬には次のものがあります。

四逆散(しぎゃくさん)
体力が充実。

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
体力中等度に。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
体力虚弱に。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
胃腸虚弱に。

黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)
小児に。

-花粉の肌荒れ対策のコラム
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花粉 肌荒 対策

花粉による肌荒れの対策はどうしたらいい?

花粉は、真夏と真冬以外、ほとんど年中つきあわなければならないやっかいものです。 ここでは、そのイヤな花粉で肌荒れしたお肌の対策についてお伝えします。 花粉でなぜ肌荒れが起こる? お肌に花粉がつくことに …

BBクリーム 敏感肌

BBクリームって敏感肌にいいの?

多くの化粧品には、コストを下げるため界面活性剤が使われています。 他には、洗剤、クリーム、シャンプー、トリートメントなどほとんどの美容に関係する商品には入ってます。 肌荒れの原因は、この合成界面活性剤 …

うるうるコットンで花粉で肌荒れしたお肌のスキンケア

うるうるコットンで花粉で肌荒れしたお肌のスキンケア

花粉症で肌荒れしたときには、顔に赤くポツポツできちゃったりとか、すごい肌がゴワゴワしたりして肌の調子が悪かったです。 そのとき試したオススメのスキンケアを紹介します。 うるうるコットンでスキンケア 使 …

花粉 肌荒れ 対策 スプレー

花粉の肌荒れ対策にスプレーはどうなの?

花粉の対策グッズは、いろいろ販売されていますが、最近よく目にするのがスプレー式の花粉対策グッズです。 シュッと顔に吹きかけるだけで、イオンが目や鼻に花粉が入ってくるのを防いでくれるそうです。 女性は、 …

花粉 肌荒れ 防ぐ

花粉の肌荒れを防ぐのにおすすめのアイテムは?

花粉の肌荒れを防ぐのにおすすめのアイテムをご紹介します。花粉による肌荒れの症状が出てくる前に、次のようなアイテムで予防しましょう。 ■帽子 髪の毛に花粉がつくのを防ぐには、「帽子」をかぶるのが一番です …