花粉による肌荒れ対策はこのサイトで解決!

花粉による肌荒れ対策で必要なことは、まず第一に「花粉を体内に入れないこと」です。肌荒れを起こしているときは、お肌の保湿を高めることです。このサイトでは、花粉による肌荒れ対策とオススメの化粧品についてご紹介しています。

花粉による肌荒れ対策

【花粉を特許技術でブロック!】しかも
↓肌荒れ対策もできるのはアヤナスだけ↓

【花粉症対策訴求(クリーム)】アヤナストライアルセット
花粉による肌荒れ|スキンケア編

まず最初は、スキンケアからです。女性のスキンケアには、化粧水・美容液の他に役立つグッズもたくさん販売されています。しっかりスキンケアに気を配り肌を安定した状態に整えましょう。

スキンケア全般の注意点

ピーリングやスクラブは避ける お肌の防御機能を失いやすいです。
アルコールフリーで無添加のなるべく肌に負担がかからない敏感肌用の化粧品がだと安心です。

とにかく保湿する

肌にのせるようにして肌に触れる回数を減らして保湿してください。セラミドを含んだ化粧品が有効です。

やさしく洗顔

正しい洗顔方法で優しく洗うことでベースを整える必要があります。

ぬるま湯で洗顔フォームや手洗い石鹸はなるべく使わずに、強く擦って摩擦で顔を刺激しないようやさしく素洗いしてください。メイクを落とすというよりは、肌の表面の花粉を落とす感じで洗顔します。
洗顔料を使うのであれば回数を控えめに、クレンジングを使うのであれば、肌にやさしい素材のミルクタイプクリームがおすすめです。
石鹸は、肌荒れなどが起こっている場合には、敏感肌用の優しい石鹸がを使う。

メイク

メイクをすると、花粉やホコリチリが肌に触れる面が少なくなります。花粉が肌に触れる回数が増えると刺激になるのでメイクをすることは、花粉対策としては有効です。でも、気をつけたいことは、肌が敏感になっていると感じた場合は、メイクは最低限にし、肌に負担のかからないメイクがおすすめです。

花粉の季節のメイクのコツ

花粉の時期のおすすめのメイクは、オールインワンゲルにミネラルパウダーだけにすることです。パウダーは粒子の細かいものを使用する。

花粉の時期だけにスキンケア用品の種類を揃えるのは大変ですが、オールインワンゲルなら、ひとつで化粧水・乳液・美容液などの役割をしてくれます。

アイメイクやチークは肌の調子を見ながら、なるべく肌に負担のかからないように。
外出時は、花粉が肌に付着しないようにベースメークをしっかりして出かけましょう。

パウダー

肌の負担が少ないオイルフリーのルースパウダーかパウダーファンデーションがおすすめです。
ミネラルパウダーは、余分な成分を含まず、落としやすく刺激が少ないです。肌をサラッした状態に保つことができます。朝のスキンケアの後にも必ずパウダーやで肌をサラサラにしてください。

クリーム

肌に塗るクリームは、花粉がクリーム上に付着してしまうのが難点です。鼻の中に塗る花粉ガードクリームがいいです。

界面活性剤に注意

台所洗剤・洗濯洗剤・化粧品・コンタクト洗浄液これらの成分を見て普段使っている物の多くに界面活性剤が使われてないか成分を見直す必要があります。

紫外線に気をつける

花粉が増加する頃の季節は、紫外線も強くなって来る頃です。お肌が紫外線にあたると、お肌の防御昨日が低くなります。そうなると、そこから花粉が侵入しやすくなります。それなので、紫外線対策のためにUVクリームを塗って紫外線からお肌を守りましょう。

日中には、化粧下地にパウダーファンデーションを組み合わせると日焼け止めも兼ねてくれます。

ワセリン

皮膚から水分が蒸発するのを防ぐ役割があるので、鼻の周りに塗っておくと保湿効果があります。

花粉による肌荒れ対策スキンケアのおすすめ

花粉による肌荒れ対策スキンケアのおすすめ

セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・ナイアシンアミドなどの保湿成分が配合された化粧水・美容液がおすすめです。肌の調子に合わせて変えていってください。

こちらで花粉による肌荒れ対策おすすめの化粧品を紹介しています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
>>花粉の肌荒れ対策おすすめ化粧品ランキングへ

花粉による肌荒れ対策|薬編

スキンケアでの対策の他に、薬に頼るという方法もあります。

花粉による肌荒れ用の薬

内服薬で鼻や目のかゆみなどを抑えることができます。
花粉による肌荒れの症状が軽いうちは、セラミドやコラーゲン配合のサプリメントを飲むと肌がプルプルに。

花粉による肌荒れの薬は皮膚科で

花粉のシーズンに、症状が悪化してしまった場合には、無理せず病院での治療を検討してください。
病院の皮膚科やアレルギー科に診てもらい治療を受けて薬を処方してもらうことをおすすめします。
花粉の時期の病院の混み具合は大変なものですが、辛抱強く待ってください。

花粉による肌荒れの症状を抑える医薬品は、作用が強い分、肌に対しての負担も大きくなるので注意して処方してもらってください。
低刺激のクリームのような外用薬や内服薬を症状に合わせて処方してもらうこと。

花粉の肌荒れにはアレグラ?

アレグラは、花粉症の鼻水、はなづまり、くしゃみなどの症状に有効ですが、湿疹や皮膚のかゆみなどの肌荒れ対策の薬ではありません

花粉による肌荒れ対策|食べもの編

花粉の肌荒れには、日頃の食事などの食生活の改善が大切です。

忙しさのあまり食生活をおろそかにすることもありますよね。食生活の乱れは、肌荒れにもつながります。三食の食事を見直して揺らぎにくい肌を作っていきましょう。注意したいのは、内臓に負担がかからない栄養素を選ぶように心がけることです。

花粉による肌荒れ対策に摂取したい食べ物と栄養素について具体的にみていきまます。

根菜類

根菜類の中でもゴボウや蓮根などは、解毒作用があって、ポリフェノールも含まれています。レンコンの表面に見える黒いシミみたいのや斑点がポリフェノールなんです。
ポリフェノールは、ご存知のように抗酸化作用があるため花粉によるアレルギー症状を緩和するといった効果が期待できます。
また、ワサビに含まれている成分が花粉症の発症を抑えるとも言われています。

ヨーグルト・味噌

腸内環境の改善も不可欠です。また栄養素をしっかり吸収するためにも腸内環境の改善が不可欠です。腸内環境を整え腸内を健康に保ってくれるヨーグルトや味噌などに含まれる乳酸菌などの善玉菌を増やすことでアレルギーによる小腸の炎症を和らげてくれ、からだの免疫機能を高めましょう。

でも、食事だけ摂取するのは、なかなか大変です。普段の食生活にサプリや青汁などを上手に取り入れましょう。

緑黄色野菜・レバー・うなぎ

ニンジンブロッコリーカボチャなどの緑黄色野菜は、ビタミンやミネラルが豊富なのでおすすめです。

これらビタミンやミネラルは、鼻や喉の粘膜を強化して粘膜や皮膚を正常に保ちます。
ビタミンAは、肌や粘膜を強化し、ビタミンCは、ご存知美肌の源です。
うなぎ、レバーなどもおすすめです。EPAやDHAなどの良質な脂質が豊富です。

赤身肉・魚・大豆・卵

体の組織を作る働きのあるのが、たんぱく質やビタミンA、Bです。

ビタミンAはお肌や粘膜を健康に保ち、ビタミンB群は肌等の粘膜を丈夫に保ち免疫機能を向上させる面を持ってます。
これらを含んでいる赤身肉、魚、大豆、卵は、肌細胞を作る材料にとなり内側からも肌のバリア機能を高めてくれます。

青魚(アジ、イワシ、サバなどの魚類)

アジ・さば・イワシなどの青魚は、腸内環境を整えからだの免疫機能を高めます。n-3系脂肪酸が、鼻づまりなどのアレルギーによる炎症を緩和するといわれています。

玉ねぎ・ふき

玉ねぎには、ポリフェノールの1種である成分が含まれているので、根菜類のように抗酸化作用があります。
フキに含まれるフキノール酸は、ポリフェノールの1種です。

シソ

抗アレルギー作用のある成分や花粉症の原因物質を抑える成分が含まれています。

キクラゲ

花粉症の対策によりとされるビタミンDが多く含まれています。

バナナ

花粉が原因のくしゃみが緩和されたという研究結果があります。

花粉の肌荒れ対策で食べてはいけない食べ物

それは、糖類なんです。糖類は腸内の悪玉菌の好物なので、糖類を摂取すると悪玉菌を増やすことになり、腸内環境を悪化させる原因になります。

他にも、ファストフード、アルコール、小麦粉、メロン、マーガリン、牛乳やチーズ、ソーセージやハム、辛い刺激物、生のトマト、などの摂取は控えてください。

花粉による肌荒れ対策|アイテム編

花粉による肌荒れの症状が出てくる前に、次のようなおすすめのアイテムで予防しましょう。

帽子

髪の毛に花粉がつくのを防ぐには、「帽子」をかぶるのが一番です。
飾り気のないシンプルな花粉専用の帽子がおすすめです。
かぶる時のポイントは帽子の外に髪の毛を出さないようにくるんで入れることです。

マスク

マスクは、鼻からの花粉の侵入をガードするのが第一の目的ですが、マスクをすることによって顔のお肌を覆って花粉が直接触れるのをガードしてくれます。また、マスクの中の自分の息でマスク内が湿ってお肌の保湿にもなります。
注意することは、マスク内の環境を清潔に保つため、気がついたらマスクを交換してください。

すでにつけたマスクの素材が荒い物であったり、頻繁に付けたりしているせいで肌の調子が悪くなっている場合には、立体タイプのマスクを使うといいです。

マスクの下にユーカリ精油を1滴垂らして、アロマ効果をもたせるのも有効です。

メガネ

マスクはつけても意外と気にしていないのが「目」です。
一番おすすめなのが、花粉の防御度が高いゴーグル眼鏡です

スカーフ

スカーフを首に軽く一巻きして、首元に花粉が付着するのをガードできます。

アロマ

花粉による肌荒れでイライラして眠れないときは、アロマでリラックスするのもおすすめです。
アロマポットを持っていない人は、加湿器が、アロマポットの役割も果たしてくれます。お好みのアロマオイルを加湿器のタンクに数滴垂らすとアロマの匂いが部屋中に広がります。

花粉による肌荒れの対策2つの大切なこと

花粉肌荒れになってしまう原因は、花粉が皮膚についてしまうことによって、アレルギー反応が起きて、その結果、赤みや腫れ、かゆみとなってあらわれるからです。

花粉による肌荒れの対策で大切なことは、2つあります。

1つ目は、花粉で肌荒れになってしまう前に、まず、やれることは、「花粉を体内に入れない」予防をすることです。

2つ目は、肌荒れを起こしまったときは、お肌の保湿を高めることです。それには、「保湿力の高い化粧品や敏感肌用の化粧品を使う」ことです。

この2つのポイントをおさえているオススメの化粧品を調べてみました。次のランキングを参考にしてみてくださいね。

こちら

ランキングをチェック!

花粉による肌荒れスキンケアにおすすめベスト3


アヤナス

【花粉症対策訴求(3品)】アヤナストライアルセット

 アヤナスの特徴

アヤナスは、敏感肌と乾燥肌のために開発されたポーラの専門ブランドですが、花粉の肌荒れ対策にも効果があるのをご存知でしたか?
ハリアップクリームの特許技術「ヴァイタサイクルベール®」で花粉を徹底的にブロックすると同時に濃密化粧水の高保湿・高浸透成分「セラミドナノスフィア」が角層に浸透しバリア機能を高め、糖化ケア美容液がダメージを受けた肌をケアします。
さらに、お肌のハリ・弾力が170%アップしたポーラ研究所のオリジナルで海藻由来の成分「CVアルギネート」を配合。まずは、その効果をトライアルセットで試してみてください。
価格通常価格 2,700円1,480円(税込)
評価
備考送料無料、手数料無料、30日間返品保証付
【セット内容】
トライアルセット(10日分)
濃密化粧水(20mL)、糖化ケア美容液(15g)、ハリアップクリーム(15g)、
プラス、目もと用アイクリーム(1回分)をプレゼント

 


dプログラム

dプログラム

 dプログラムの特徴

花粉やほこりなどの微粒子のため季節や生活の変わり目に肌が荒れである「ときどき敏感肌」を予防するのが資生堂のdプログラムです。「dプログラム」とは、defense(肌を守る)、develop(肌を育む)の英語の「d」の頭文字をとって名付けられました。
肌を守る(defense)⇒トラネキサム酸を配合し、皮膚に薄い均一な膜を張って花粉・ほこり・紫外線から肌を守ります。
肌を育む(develop)⇒H-スタビライジングA配合で肌にうるおいを与えて美肌バリア機能を整えます。4つの肌に合わせたWEB限定の1週間分のお試しセットがあります。
価格1,512円(税込)
ただし、年齢を感じはじめた肌用のトライアルセットのみ1,836円(税込)
評価
備考送料無料
【セット内容】
トライアルセット(7日分)
敏感肌用メーク落とし(※2日分、2ml×2)、敏感肌用洗顔料(20g)、敏感肌用化粧水(23ml)、敏感肌用乳液(23ml)

アンバランスな肌、ニキビができやすい肌、乾燥しがちな肌、年齢を感じはじめた肌、の4つの肌タイプに合わせたWEB限定の1週間の化粧水と乳液のお試しセットがあるので、あなたのお肌に合ったトライアルセットをお選びください。

 


ビーグレン



 ビーグレンの特徴

花粉で荒れた乾燥肌のセラミドを増やしてうるおい肌に。そして独自の浸透技術QuSome®(キューソーム)で肌の奥まで届けてじっくり留め続けて、いままでにない長時間保湿を実現します。この浸透技術は、医療機関も注目していて医学雑誌「診療と医学」2016年9月号に掲載された評価試験では、保湿が17時間も続くことが明らかになりました。また、ニキビ跡を肌の土台から立て直すことのできるニキビ跡専用の化粧品としても話題となっています。ビーグレンの購入リピート率は、なんと98.5%。驚きの実感を体験できる、たっぷり7日分のトライアルセットでお試しください。
価格通常価格 4,412円(税抜)1,800円(税抜)
評価
ビーグレン

ビーグレン

備考送料無料、代引手数料無料、365日返金保証
【セット内容】
トライアルセット(7日分)
クレイウォッシュ(15g)、QuSomeローション(20mL)、Cセラム(5mL)、QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

特許技術で花粉から肌をブロックするのはアヤナスだけ

特許技術で花粉から肌をブロックするのはアヤナスだけ

花粉で肌荒れになった肌を修復するには、とにかく保湿が大事です。ここでランキングしているスキンキンケア用品は全て保湿力が高いと口コミで評判のスキンケア用品です。

でも、花粉による肌荒れを起こさないようにするには、花粉を肌からブロックしてしまえばいいのです。そうすれば、肌荒れも起きないです。

肌から花粉をブロックしてくれるスキンケア用品は、とても少ないです。
このサイトで、ランキング1位としたポーラのアヤナスと、2位の資生堂のdプログラムくらいしかありません。

資生堂のdプログラムは、トラネキサム酸を配合し、皮膚に薄い膜を張って花粉などの微粒子から肌を守ってくれるものです。

アヤナスは、ポーラ・オルビスグループの敏感肌・乾燥肌用スキンケアブランド「ディセンシア」が開発した「ヴァイタサイクルヴェール®」という特許技術を使って花粉を徹底的にブロックしてくれます。。

その名の通り、肌の表面をヴェールのようにつつみこみ、花粉などの外部刺激から肌をブロックしてくれます。特許技術を使って花粉を徹底的にブロックしてくれるものは、アヤナスしかありません

この技術は、トライアルセットに入っている「アリアップクリーム」に使われています。

もちろん、花粉で肌荒れになってしまっても、濃密化粧水の高保湿・高浸透成分である「ヒト型ナノセラミド」が角層に浸透し肌本来がもつバリア機能を高め、糖化ケア美容液がダメージを受けた肌をケアします。

まずは、トライアルセットで試してみてください。

アヤナスのトライアルセットは、通常価格2,700円が、今なら特別価格の1,480円でお試しできます。

1日換算で100円ちょっと、ジュース1本分のお値段です。化粧水・美容液・クリームの基本の3ステップを10日間たっぷり使っていただけます。
安心安全の香料・アルコール不使用のトライアルセットです。

花粉による肌荒れ対策コラム

このサイトのコラムをご紹介します。

【花粉による肌荒れの対策はどうしたらいい?】

花粉によって肌荒れになる理由と対策方法について書いています。

花粉でなぜ肌荒れが起こる?

花粉による肌荒れの症状は?

花粉による肌荒れの改善対策3つ

>>花粉による肌荒れの対策はどうしたらいい?

【花粉による肌荒れのスキンケア】

花粉による肌荒れは、合成界面活性剤が配合されている洗顔剤を使うことを控えるだけのスキンケアでも、かなり改善します。

花粉で肌荒れ スキンケア間違ってませんか?

保湿化粧品によって、花粉で肌荒れした乾燥肌を改善しようとすることに大きな間違いがあります。

花粉による肌荒れ対策のための化粧品の使い方

皮膚を丈夫にしバリア機能が回復してから初めて化粧品を使うことが出来ます。

皮膚が花粉アレルギーの人

アレルギー体質だとその年の体の状況に応じたスキンケアが必要になってきます。

花粉で敏感肌になった人のスキンケア

敏感肌は、いままで使っていた化粧品が突然合わなくなってしまったりします。合わなくなったからと言って一度に化粧品を変えたりせずに、少しずつ、ひとつずつ試してスキンケアすることがポイントです。

温泉も効果的

ナトリウム泉は、皮膚にいい温泉です。お風呂からあがったあとも乾燥知らずです。

>>花粉による肌荒れのスキンケアでいちばん大切なこと

【花粉の季節に肌にブツブツができる理由と対策】

ブツブツ肌荒れの原因は?

花粉の季節に赤い細かいブツブツした湿疹ができる人は、花粉症皮膚炎を疑ってください。花粉症皮膚炎は、スギやヒノキなどの植物の花粉が肌に付着して炎症をおこすものです。

花粉のブツブツの肌荒れ対策は?

必要以上に肌に触れたりこすったりしない(20%)
敏感肌用の化粧品の使用(13%)
通常より保湿力の高い化粧品の使用(11%)
皮膚科処方の薬(10%)
まめに保湿する(10%)
丁寧に洗顔(10%)

>>花粉の季節に肌にブツブツが・・・なぜ?対策は?

【花粉の肌荒れ対策にスプレーは?】

花粉の対策グッズは、いろいろ販売されていますが、最近よく目にするのがスプレー式の花粉対策グッズです。Twitterでもスプレー式の花粉対策グッズは評判はいいみたいです。

>>花粉の肌荒れ対策にスプレーはどうなの?

【花粉の肌荒れにワセリンは?】

ワセリンは、肌の中まで浸透しないで、皮膚表面を覆い花粉が肌に直接触れないようにしてくれます。

ワセリンの花粉の肌荒れ対策の使い方

鼻を何度もかんで擦れて乾燥してガサガサになってしまった鼻の下にワセリンを薄くのばして塗ると乾燥を防ぐことができます。

唇も乾燥しやすいので、ほんの少量を唇に薄く塗ります。

鼻の入り口とそのまわりにワセリンを塗ってマスクをすると、ワセリンが鼻の入り口で花粉を吸着して体内に花粉が入ってくるのを防ぐことができます。

いつ、ワセリンを塗る?

外出前、夕方ころ、お風呂上がり、の3タイミング

顔の肌荒れにワセリン使っていいの?

「白色ワセリン」なら顔に使ってもいいです。耳かき1,2杯程度のごく少量で大丈夫です。

花粉の肌荒れ用ワセリンランキング

花粉の肌荒れ対策でワセリンを顔に使うなら、値段が高くてもベタつきしないワセリンを選ぶことが大切です。

1位 サンホワイト
2位 プロベト
3位 白色ワセリン
4位 ヴァセリン

>>花粉の肌荒れにワセリンも効果アリ

【花粉症の対策で以外と知られていないのが漢方薬】

漢方薬では、花粉症を完全に治すことを目指すのではなく、体質を改善して花粉症の症状がほとんど出なくなるようにすることができます。

>>花粉症に漢方って効くの?

【知らないでは済まされない、花粉で肌荒れになる理由】

花粉が飛んでくると服、髪の毛、お肌など露出しているところに花粉が付着します。付着すると、次のような仕組みで、アレルギーを起こす物質である「ヒスタミン」がお肌の中で放出されるからです。

>>なぜ、花粉で肌荒れになるの?

【花粉による肌荒れとニキビの関係性】

花粉とニキビには大きな関連性があります。花粉によるアレルギー反応が起こると、掻いたりしていないのに肌荒れになり、肌の脂分や水分のバランスが壊れたり、角質が剥がれ皮膚バリアが壊れて化膿してニキビになる可能性があります。

>>花粉による肌荒れとニキビに関係はあるの?

【花粉の肌荒れになる前に知っておきたいこと】

花粉で肌が荒れてしまう前に、まず予防することが大切です。
花粉が飛ぶ時期、飛び方、飛びやすい日や飛びにくい日の条件を知っておき予防に努めましょう。

花粉が飛ぶ時期

花粉が飛ぶ早い順番は次のようになります。

スギ:2月中旬~4月中旬
ヒノキ:4~5月
タンポポ(キク科):4~9月
マーガレット(キク科):5~6月
セイダカアワダチソウ(キク科):5~7月
ハルジオン(キク科):5~7月
カモガヤ(イネ科):5~7月
ブタクサ、ヒメジオン、アキノキリンソウ(キク科):8~10月
アシ、ススキ(イネ科):8~9月
ヨモギ(キク科):9~10月

花粉の飛び方

花粉の飛び方や花粉症の症状の出方は、樹木の花粉か草花の花粉かで違いがあります。

花粉が飛びやすい条件は?

下の4つの条件に合うほど花粉は飛びやすくなります。

天気がいい
空気が乾燥している
午後の時間帯
風が強い

花粉が飛びにくい条件は?

雨や雪のとき ※ただし、雨の降り始めには注意!
雨上がりで植物が湿っているとき
早朝で植物が湿っているとき

>>まず、花粉による肌荒れを予防しましょう